ムダ毛が毛むくじゃらなことに劣等感を持っていたので

わたくしは今まで手足のムダ毛が毛むくじゃらなことに劣等感を持っていていろいろなムダ毛のお手入れをやったことがあります。

学生時代からカミソリでお手入れしていましたがその頃は何も付けずに剃っていたので毛穴が点々と赤くなり痒みも出てピリピリと痛くなってカミソリ負けをしました。

そしてカミソリで剃っただけでは短時間で生えてきてしまうし気になってピンセットでせっせと抜いていました。

抜いたあとはサラサラと肌触りもよかったのですが引っぱるので毛穴も傷んで、次に伸びてきた毛が皮膚の下に埋もれて出てこれず埋没毛ができてしまいました。

その埋没毛をほじって引っぱると段々と引っぱり出すことで毛穴が目に付くようになり肌が汚らしくなってしまいました。

さらに市販で売っている除毛クリームも試してみました。

塗るだけという手軽さでムダ毛のお手入れができ、時間も手間も必要ないと良い点もあったのですが、肌が弱いのかかぶれて赤く腫れ上がってしまいました。

この他には粘着テープで、エイッと剥がしてみたり脱毛専門店で脱毛するまで相当無茶苦茶なやり方でお手入れしていました。

うでとかスネの毛は自分自身で確認する事ができるので、処理は行いやすいです。

でも見難い部分の場合はどうですか?自分で見る事はできませんが、洋服によっては露出してしまうこともあります。

その代表的な部分は背中になるのではないかな、と思うのです。

自分の背中を確認する事ってそんなにないと思います。

背中には複数の毛穴があり汚れが詰まりやすいといった事があります。

うぶ毛もたくさん生えているので、全体的に黒ずんで見えてしまうことがあります。

背中に生えている毛は自分で処理をするのは難しいです。

手が届きませんし、自分の目で見ながら処理をすることができません。

他の人に手伝ってもらうという方もいらっしゃいますが、それでも恥ずかしいと思うのです。

最近では背中にある毛もお手入れする事ができる柄の長いかみそりなども売られているみたいなので、そういうものを利用して手入れするのも良いと思います。

とげ抜きでムダ毛を処理していても普通は血液が滲んだりしません。

だけど1回の処理でいくつかの毛穴から血が出てくることがあるのです。

こんな風に血が出てきたときにその都度考えるのだけど、何故いくつかの毛穴部からはの出血があるのかしら?

血液が滲むむだ毛と滲まないむだ毛ってどう違うんでしょうか?或いはそこに相違点がある訳ではなく、処理の仕方の問題なのでしょうか?

数本のむだ毛をまとめて引っこ抜いたりしていると、血液が滲みやすいとかあるのかしら?

無駄毛ケアって疑問だらけですし、関心も高まります。

とは言え血が出たらその後が煩わしいので、可能な限り流血しないように気をつけたいんです。

毛を抜く際に出血しないやり方が存在するなら伺いたいです。

流血しない手法で、この先はむだ毛ケアをやっていきたいです。

自分は脇の下の無駄毛の毛抜き処理をしますが、何時もこの血に参っています。

ふと気付けば血で洋服が汚れているなんて事もあるので、どうにか血が出ないようにしたいです。

解決するためにムダ毛を抜く時の血が出るムダ毛と出ないムダ毛のことを知りたいです。